電話ベタな人はこうすればいい!

電話の応対は難しいものです。私は相手の話を先に聞くこととゆっくりと話す、という点に気を付けて電話に臨んでます。

電話の応対において心がけていること

仕事をしていると電話の応対をすることがほとんどのケースにおいて見受けられると思います。電話の応対は研修でもテーマに用いられることが多く、非常に重要な仕事の一つであると考えられます。しかし、電話の応対は難しいものです。自分の言葉が相手に伝わらずにもどかしい気持ちになったり、相手が何を言いたいのかわからなかったり、という具合に難しいものだと感じます。

難しい電話応対ではありますが、私が心がけていることがあります。それは、相手の話を聞いてから自分が話す、ということです。相手が話す前に自分が一方的にまくし立てて話すのでは電話に限らず全ての場面においてコミュニケーションがうまくいきません。そうならないためにも、相手の話を聞いてから自分が話すことを心がけています。

もう一つ心がけていることはゆっくりと話す、ということです。自分自身には自覚がないのですが、私は「話すスピードが早い」と人に言われます。特に祖父母にいわれることが多いです。このように言われたので、ゆっくりと話すように心がけました。電話をかけてくる相手は自分と同年代の方ばかりではないからです。この二点に気をつけるようになってから少しは電話の応対も上手くなったような気がしました。

WEB・通信サービスの色々なハテナを解消します

Copyright (C)2017 電話ベタな人はこうすればいい! All Rights Reserved.